• HOME
  • 教室関連
  • 東京医科歯科大学先進不整脈学講座の臨床電気生理学研修コース研修生の募集を開始しました。

新着情報

東京医科歯科大学先進不整脈学講座の臨床電気生理学研修コース研修生の募集を開始しました。

18.03.19 カテゴリー:教室関連

Pocket

平成30年4月、本学大学院医歯学総合研究科の寄附講座として先進不整脈学講座が開講されることになりました。それに伴い、臨床電気生理学研修コース研修生の募集を下記の要項のごとく募集させていただくことになりました。
こちらでの研修にご関心がある方は、東京医科歯科大学循環器内科医局宛(ikyoku.cvm@tmd.ac.jp)にご一報ください。

                   〜記〜

2018年度 東京医科歯科大学 循環器内科先進不整脈学講座 臨床電気生理学研修コース募集要項
(Clinical Electrophysiology Fellowship, the Department of Advanced Arrhythmia Research, Tokyo Medical & Dental University)

目的:電気生理学的検査・カテーテルアブレーション・デバイス植え込み・デバイス管理・デバイス抜去などの非薬物治療を中心とした不整脈治療の実臨床に参加し、より高度な知識とスキルを習得すること。

研修期間:6カ月間

資格:内科認定医取得、もしくはそれに準ずる臨床経験を有する者。

指導医:循環制御内科学 教授  平尾見三 (心臓調律制御学 併任)
    循環制御内科学 准教授 合屋雅彦
    循環制御内科学 講師  川端美穂子
    先進不整脈学  准教授 高橋良英

施設:循環器専門医研修施設、不整脈専門医研修施設

設備:循環器内科専血管撮影室2室、CARTO2台、Ensite1台、Rhythmia1台、クライオアブレーションシステム1台、ホットバルーンアブレーションシステム1台、内視鏡アブレーションシステム(レーザーバルーン)1台、エキシマレーザー2台。

2017年症例数:
カテーテルアブレーション 459件(うち小児例4件)
心房細動 286件、その他上室性不整脈 111件、心室性不整脈 62件
デバイス植え込み 150件
ペースメーカー 85件(うちリードレスペースメーカー 8件)
ICD 37件(うちS-ICD 14件)
両心室ペーシング 23件
植え込み型ループレコーダ 5件
リード抜去 63件

研修スケジュール
  月曜日:デバイス外来、アブレーション、リード抜去
  火曜日:アブレーション、不整脈カンファレンス
  水曜日:アブレーション
  木曜日:アブレーション
  金曜日:抄読会もしくはリサーチカンファ、循環器内科カンファレンス、アブレーション
*)1カ月に1回、本学難治疾患研究所生体情報薬理学分野、小児科循環器グループと合同カンファレンスを開催。

到達目標:
 ・発作性上室性頻拍の診断に習熟し、アブレーションを経験する。
 ・心房中隔穿刺ができるようになる。
 ・心房細動、心房頻拍、心室頻拍、それぞれの頻拍のアブレーション・マッピングの際に使用する
  3Dマッピングシステムの操作を学ぶ。
 ・バルーンデバイスを使用した肺静脈隔離を経験する。
 ・リードレスペースメーカーおよびS-ICD植え込み術の介助ができるようになる。
 ・エキシマレーザーを用いたリード抜去を経験する。
*)研修生個人の経験によっては、さらに高度なスキルの習得を目指す。

その他:当直、および外勤なし。