• HOME
  • 研究/学会 関連

研究/学会 関連

第58回日本心血管インターベンション治療学会 関東甲信越地方会 YIA最優秀賞 池田 博 先生

21.10.16 カテゴリー:研究/学会 関連

2021年10月15日~16日に開催された「第58回日本心血管インターベンション治療学会 関東甲信越地方会」において、池田博先生がYIAを受賞いたしました。

受賞演題:ICD植え込み後の鎖骨下静脈完全閉塞に対してカテーテル治療を施行しリード追加及びCRTDへのアップグレードに成功した一例

第5回日本循環器学会基礎研究フォーラムAbstract Award受賞 中釜 瞬 先生

21.09.12 カテゴリー:研究/学会 関連

2021年9月11日~12日に開催された「第5回日本循環器学会基礎研究フォーラム」において、大学院生の中釜瞬先生がAbstract Awardを受賞いたしました。

受賞演題:The role of endoplasmic reticulum (ER)-selective autophagy in response to ER stress-mediated myocardial injury

[プレスリリース] 「 不整脈が全身の炎症を起こすメカニズムを解明」

21.03.19 カテゴリー:研究/学会 関連

プレスリリースを更新しました。ご参照ください。

「 不整脈が全身の炎症を起こすメカニズムを解明 」
― 心筋細胞から放出されたミトコンドリア由来セルフリーDNAが炎症反応を誘導 ―

修士1年の木藤穂高君が、心電学関連研究会2020でベストアブストラクト賞最優秀賞を受賞しました。

20.12.20 カテゴリー:研究/学会 関連

修士1年の木藤穂高君が、心電学関連研究会2020でベストアブストラクト賞最優秀賞を受賞しました。

お茶の水画像診断研究会が開催されました。

20.11.14 カテゴリー:研究/学会 関連

お茶の水画像診断研究会が開催されました。

お茶の水ハートリズム研究会が開催されました。

20.10.31 カテゴリー:研究/学会 関連

お茶の水ハートリズム研究会が開催されました。

[プレスリリース] 「変異型タンパク質の細胞質への蓄積が拡張型心筋症を重症化する」

20.10.27 カテゴリー:研究/学会 関連

プレスリリースを更新しました。ご参照ください。

「変異型タンパク質の細胞質への蓄積が拡張型心筋症を重症化する」

[プレスリリース] 「心臓発生を再現する試験管内心臓オルガノイド作製法の開発」

20.09.03 カテゴリー:研究/学会 関連

プレスリリースを更新しました。ご参照ください。

「心臓発生を再現する試験管内心臓オルガノイド作製法の開発」

第246回日本循環器学会関東甲信越地方会の開催が迫っております!(2017年12月2日)

17.11.29 カテゴリー:教室関連

以前からお知らせいたしておりましたが、当科 平尾見三教授が会長を務めます、第246回日本循環器学会関東甲信越地方会が、今週末の2017年12月2日(土)に東京駅近くのステーションコンファレンス東京にて開催されます。

循環器疾患に関する症例報告のほか、Clinical Research Award、Resident Award、Case Report Awardにノミネートされた興味深い研究発表が数多く発表されます。また、教育セッションや男女共同参画フォーラムでは、最近の話題を聴講したりディスカッションに参加することができます。ご興味のある方はぜひご参加ください。

大会ホームページ http://www2.convention.co.jp/jcs-kanto/

第246回日循関東甲信越地方会プログラム

 

教室会議、御茶ノ水循環器フォーラムが開催されました

17.10.04 カテゴリー:研究/学会 関連

 10月4日に東京ドームホテルにて、当科の教室会議、関連病院合同カンファレンス、御茶ノ水循環器フォーラムが開催されました。

御茶ノ水循環器フォーラムでは、当科足利教授(茨城県循環器地域医療学)より「冠動脈疾患に対する抗血栓療法の現状と課題」の講演①と、大分大学循環器内科より高橋尚彦教授をお招きし、「心外膜脂肪と心房細動:ヒト組織における検討」の講演②が行われました!

講演①では、抗血栓薬の使用について最新のエビデンスが多く提示され今後の診療に役立つ有益な情報が得られました。
 講演②では心房細動の発症メカニズムについて脂肪組織からの炎症細胞の浸潤が重要だという観点より、最新の研究結果を知ることができました。

足利教授(茨城県循環器地域医療学)

大分大学循環器内科 高橋教授