Pocket

研修

当医局の特徴後期研修プログラムの概要後期研修の実際(病棟業務など)

認定医、専門医取得者数主な留学先Q&A

当医局の特徴

環境

  • 当院は、お茶の水駅から徒歩1分という都心の交通至便の土地に位置し、都内だけでなく日本全国より症例が紹介されます。
  • 循環器全般の症例が豊富で、最先端治療を行っています。大学病院ならではのアカデミックな症例から、人工心臓を必要とするような三次救急症例まで経験できます。

グループ

  • 心不全、心筋症に対してはエビデンスに基づいた質の高い診療を心がけ、デバイス治療、移植適応症例の加療も積極的に行っています。心サルコイドーシス、高安動脈炎は症例が多く、劇症型心筋炎など難治性心不全に対する補助人工心臓治療を施行し、他県からの転院を受け入れています。心臓外科と救急救命センターと共同で診療にあたっています。
  • 当院は血管インターベンション学会研修関連施設、東京都CCUネットワーク加入施設で、24時間体制で急性心筋梗塞などの救急症例の治療を行っています。バルーン、ステント治療に加えて、ロータブレーターやエキシマレーザーも使用しており、従来では難しかった症例も治療できるようになっております。光干渉断層映像(OCT)、血管内超音波(IVUS)、フローワイヤー、プレッシャーワイヤーも活用しています。
  • 不整脈センター開設以来、関連病院を含めて日本の臨床不整脈をリードしております。アブレーション治療では日本で屈指の症例数を誇っています。植え込み型除細動器、両心室ペーシングのデバイス治療など様々な不整脈症例を経験することができます。
  • グループ間の風通しは非常に良好で、お互いに協力して診療に取り組んでいます。

目標

  • 研修医の先生方は心不全、虚血、不整脈など偏りなく主治医となり救急診療、病棟業務を行います。内科的診断・治療はもとより、救急対応、カテーテル技術、画像検査など循環器内科医に必要な知識・技術を全般的に習得します。
  • 大学病院ですので研究、学会活動に積極的に取り組むことも大きな使命です。学会・講習会等への参加が推奨されています。